FC2ブログ

七五三の出張撮影時に神社さまとトラブルにならないために私がやっていること

ここ2、3年で大手の会社が出張撮影の請負を始めるなど、出張撮影業界もかなり認知されるようになってきました。七五三の時期に神社に行くと出張撮影のカメラマンに出会うことが多くなってきました。中にはモラルにかけるカメラマンを目にすることも多く、私が神社に行く時に心がけていることを書きます。

1.服装

七五三の出張撮影ではお客様のお子様の晴れの舞台なので、お子様はもちろん、ご家族も正装されています。カメラマン自身の服装も準じるのがいいと私は考えています。そのため、襟のついたワイシャツ、カーディガン、黒のパンツ、革靴で身支度を整えています。華美な服装やラフすぎる服装を避けつつも、ジャケットを着ないことでカメラの操作性に影響を与えないようにしています。余談ですがブライダルカメラマンをしていた時は毎週末、上下パンツスーツで汗だくで撮影をしていました。スーツがすぐダメになる上、動きにくいので撮影の機動性に欠けて仕事がしにくいと感じていました。

2.挨拶

神社の神主さん、巫女さんなど敷地内でお会いした際には「お邪魔しています」と丁寧に挨拶をしています。境内をお借りして仕事をさせていただいているので当然の礼儀です。

3.大声を慎む

神社は神聖な場所です。こどもの撮影に夢中になりすぎて大声になったり、主役のこども自身が大声をだすようなことがないように撮影をコントロールすることが大切です。笑顔を撮影したい気持ちをもちつつも、こどものテンションを上げすぎないようにし、もしこどもが騒ぎ始めたら小さな声でこどもに近づき、「神様がいらっしゃる場所なのでびっくりさせないようにしてあげようね」と声をかけます。大抵のこどもは納得して落ち着きを取り戻してくれます。何歳であろうときちんと説明すればこどもは分かってくれるというのが私の実感です。

4.走らない

これも神聖な場所では当たり前のことですが、声、動作すべて落ち着いて行うのが当然のマナーとなります。過去に境内でこどもを走らせて写真を撮っているカメラマンや、カメラマン自身が本殿の目の前の地面に寝転んでローアングルで撮影している場面に遭遇したことがあり仰天しました......神社の方の目に止まれば出張撮影のカメラマン全体の印象としてとらえられてしまうので、やめてほしいなぁ、と心の中で願うことしかできません......

5.ラフな撮影は本殿から離れた場所で行う

動きのある撮影(歩いてもらっている様子)やこどもが飽きてきてカメラマンが声をかけながら場の雰囲気を盛り上げ気味で撮影しなければならない時は、本殿から離れた場所で神社の迷惑にならない場所を選んで撮影しています。この本殿から離れていて、かつ絵になる場所をいかに多く探せるかもカメラマンの腕の見せ所だと思います。本殿や鳥居の下での撮影は基本ではありますが、それだけの撮影なら素人でも撮れます。いかに人のいない場所で、かつ絵になる場所を探して撮れるかに本領が発揮できると思います。


にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村
家族写真ランキング
スポンサーサイト



七五三出張撮影時に私が気をつけていること

私が七五三の出張撮影をはじめてから10年以上が経ちました。最初は撮影依頼がくる度に撮影前に神社の下見を欠かしませんでした。そうして少しづつ撮影する場所を見つける目を養い、今は初めて訪ねる場所でも素敵な撮影場所を見つけることができるようになりました。事前準備から撮影当日に私が考えていることをまとめました。

1.ネットで地図を把握しておく(事前準備)

駅からの距離などの交通の便はもちろん、神社内の境内見取り図を見て出入り口、駐車場、お手洗い、手水舎、鳥居、本殿、その他の建物、庭など頭に入れておく。さらに方角から太陽の方向も把握し、光の向きも調べておく。自分が撮影する時間帯に逆光になる建物などを把握しておく。また、神社敷地内に庭園、近隣に公園などがあればそれもチェック。

2.ご祈祷が予約制なのか確認しておく(事前準備)

稀に予約制の場合や、毎時00分と30分だけご祈祷という場合もあるので、事前に確認しておいたほうがいいです。

3.動線を確認する(事前準備)

お客様が車で来るなら駐車場、電車ならどの入り口が一番近いのかを確認し、一番無駄がない撮影順序を考える。境内を行ったり来たりしては時間がもったいないし、こどもの体力のためにも無駄な動きを省いた方がいいです。

3.スケジュールを確認し、イメージしていた撮影順序を実行できるかその場で考えていく(撮影当日)

全体のスケジュールを把握した上で、神社境内の混雑具合、ご祈祷申し込みの混雑具合を鑑みて何を優先すべきか決めていきます。こどものご機嫌がよいならどんどん撮影を進めていきます。境内の混雑が気になるようなら、空いている場所から撮影していきます。間違っても他のカメラマンが撮影している横でお客様をお待たせしないことです。空白の時間を作らないことが大切です。着物を来たこどもはいつ体調が急変するか分からないので常に危機感を持っておくことが大事です。


5.メインの写真の場所を決める

私は最低でも本殿、鳥居の2ヶ所では必ず家族集合写真や七五三の主役のこどもだけの写真を撮影しています。どんなに時間がなくても、この「THE七五三」という写真だけはお客様が神社でのご祈祷前に撮影しています。これを怠ると、ご祈祷が済んでからお天気が急変したり、こどものご機嫌がナナメになったりするリスクがあるので、意地でも1カットは死守して撮っています。私のお客様の9割が出張撮影のみでスタジオでの撮影をされないので、オーソドックスな構図の写真は大切にしています。

6.サブの場所を決める

手水舎で手をお清めする様子、回廊を歩いている様子、存在感のある扉の隣での写真など神社の雰囲気を画面に入れ込みつつ、お客様に動いてもらっている様子を写真にします。カメラ目線の写真ばかりではこどもも大人も疲れてしまいますので。

7.プラスアルファの写真を撮る

オーソドックスなメインのかっちりした写真、サブで動きのある写真も撮り終えると、こどもも疲れが見えてくるころだと思います。こんな時はこどもに飽きさせない工夫を取り入れて写真を撮っていきます。パパ、ママに両手を持ってこどもを持ち上げてもらったり、柱や木の幹でいないいないばあをしてもらって写真を撮ったりします。こどもがかなり疲れているようなら最後に抱っこしてもらった写真も撮ります。抱っこは着物が崩れてしまうので最後のカットにするのが望ましいです。

こうして自分で七五三の撮影を振り返って書いてみると、この他にもさらに細かいことを考えて撮影していると実感しましたが、全部を一度に書くとまとまりがなくなるので、今回は全体の大まかな流れについて書きました。



にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村
家族写真ランキング

家族写真を撮影するときにこどもを笑わせるコツ

写真には写す人が表れるとは本当のことだと実感したのは、
こどもたちの写真の撮影が楽しくなってきた頃です。
私はこどもの写真撮影を仕事にしてから笑顔はおろか、あちこちを走り回るこどもたちをフレームに捉えることすらできず何年も苦戦を強いられていました。
最近はこどもの写真を撮るのが楽しくてたまらないです。
でも、知り合いのカメラマンの中にはこどもの写真を撮るのに苦労している人も多いです。どうやってこどもの写真撮影を楽しめるまでになったのかを書きます。

1.自分が楽しまないと被写体は笑わない

これは至極当たり前の話ですが忘れがちなことでもあります。いい写真を撮りたいと躍起になるあまり、必死な顔になっていないでしょうか?自分に楽しむ余裕がなければ、被写体も不安になって笑顔になれるはずがありません。では余裕を持って撮影するにはどうしたらいいのでしょうか?

2.撮りたいイメージを豊富に持っておく

何を撮りたいのかが次々と浮かべば迷うことなくお客様をご案内して撮影することができます。淀みなく撮影できることが自分の余裕を生むことになります。そのためには上手い人の写真をたくさん見ることです。私はピンタレストを使って素敵な写真をスクラップしています。日本語で検索するよりも英語で検索した方が素敵な写真が見つかりやすいですよ。

3.カメラの操作に迷いがないようにしておく

これも大事です。撮影を楽しめないと言っているカメラマンは必ずと言っていいほど、露出補正などに苦戦しています。撮影場所や光の具合などが変わっても瞬時に露出を適正にできるスキルがなければ撮影を楽しむどころかミスしかねません。カメラの操作を早く正確にできるようになるには練習あるのみです。初心に帰って取扱説明書を見ながら一つづつカメラの操作を確認します。知らなかった便利機能を発見して撮影がどんどん楽になると思います。普段からカメラを持って露出を合わせる練習をすれば完璧です。今はデジカメで撮影結果がすぐにわかるのですから練習すれば養えるスキルです。

4.被写体に常に動いてもらう

体が動くと表情も動き出すことが多いです。こどもの笑顔を引き出すためにパパ、ママに動くようにお願いして動きの中で成立する写真のポーズを何十通りも考えておきます。それをこどもの様子を見ながら加減して色々試していきます。動くのが好きなこどもなら動きを大きく、早くしてみたり、高いところが好きなこどもなら肩車をしたり、高い場所からジャンプしてみたり。これにはパパ、ママの協力が不可欠なので、お願いして協力してもらってください。

5.パパ、ママをまず笑顔にする

当たり前ですがパパ、ママが笑顔になればこどもは安心して笑ってくれます。そのためにはカメラマン自身が楽しむことが最重要です。自分が最初に笑顔になれるように、あらゆる準備を万全にして自信を持って撮影に望むことが笑顔を撮影する最短距離です。

にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村
家族写真ランキング

走っているこどもにピントを合わせる撮影方法

走っている被写体にピントを合わせるにはコツが入ります。 私は結婚式のカメラマンをしていた時は、こどもが走る場面の写真を撮るのが苦手でした。
ピン抜けが多くかなり苦戦しましたが、カメラの設定を変えたり、撮影方法を工夫することで上手く撮影出来るようになりました。 


1.カメラのAFモードを変える

ワンショットで撮影していたのをAIサーボに変えました。
AIサーボはピントを合わせるボタンを押している間中、常にピントを合わせ続けるモードです。



2.親指ピントに変える

通常、ピントを合わせるのは、シャッターボタンの半押しですが、それをカスタムしてシャッターボタン以外のボタンでピントを合わせるように設定しました。これにより、ピント合わせとシャッターを切る作業を別々に分離しました。 


3.AIフォーカス、親指ピントでの撮影を練習する

親指ピントのボタンから手を離すとピントは動かないため、被写体との距離が変わらないときはピントボタンから指を離す必要があります。
その反対に被写体との距離が常に変わる場面ではずっとピントボタンを押し続けます。
この方法に慣れるまでしばらく動く被写体を撮影して練習します。
私は街で車にピントを合わせて練習しました。 


4.被写体がカメラに向かって走ってくる方向で撮影する

カメラを横切る方向だと、被写体とカメラの距離が著しく変わり、ピントはおろか、フレームに収めるのも大変です。
そのためカメラ方向に走ってくる向きから撮影するのです。
こうすれば、横切る方向よりも被写体とカメラの距離の詰まる速度が遅くなり、ピントの合う確率が高まります。




にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村


家族写真ランキング

人見知りのこどもがいる家族写真の撮影方法

私は公園で家族写真撮影会を主催してます。

30分間でひと組み入れ替え制なので、
お客様にご挨拶、ご希望を聞く、撮影、
お会計をこなさなければならないため、
撮影できるのは実質20分程度です。

撮影時間としてはタイトな条件の中、
こどもが人見知りやご機嫌がナナメな場合も多々あります。
しかし、絶対に時間内で素敵な写真を撮るために
私が実践していることを紹介します。

1.無理に撮影しない

これは時間内に撮影したいのに矛盾しているのでは、
と思うかもしれませんが、
この間を設けることによって
こどもが落ち着きを取り戻すことができることも多々あります。

こどもが嫌がっているのに焦って撮影しようとすると、
余計に機嫌が悪くなって、
泣いている写真しか撮れない、
最悪は写真撮影が嫌いになってしまう可能性もありますので、
無理は禁物です。

2.カメラマンがご家族から離れる

無理に撮影しないなら何をするかといえば、
カメラマン自身がこどもと少し距離をおくことです。

こどもが人見知りでカメラマンを怖がっている場合は
まず、ご家族のテリトリーの範囲からカメラマンが外れることです。

こどもは自分たち家族のテリトリーにカメラマンが入ってこないことに安心して
帰りたいなどという最悪の事態は免れることができます。

3.場所を移動する

距離をとったほうがいいのですが、
ここで大事なのは離れ過ぎないことです。

3m〜4m程度の距離で自分が先を歩き、
ご家族にこどもを抱っこしてもらいながら付いてきてもらいます。

抱っこすることでこどもは安心して落ち着きを取り戻します。

さらに歩きながら移動することでこどもの気持ちがカメラマンから離れ、
景色など他のものに移っていきやすいです。
こどもの気持ちが見知らぬカメラマンに釘付けという状態から、
一旦解放されます。


3.こどものやりたいことが何なのかつかむ

こどもの欲求を探ります。
抱っこがいいのか、
自分で歩きたいのか、
こどもの状況に撮影の内容を合わせます。

抱っこが安心するなら、抱いたまま動きのあるポーズで撮影します。
動きのあるポーズというのは例えばこういうことです。

ママにこどもを抱いてもらいます。
パパには2mほど離れてもらって、
カメラマンが「集まれー」掛け声をかけたと同時に、
パパにママの元に走ってもらい、
こどもにぶつかり、体をユサユサと揺らしてもらうのです。

もちろん、可能ならその時ママにもその場で足踏みをしてもらったり、
少し歩いてパパの元に近づいてもらったりします。

この近づいて、離れてを何度か繰り返すと、
こどもは動きと大人の楽しさが伝わってたちまち笑顔になります。

この動きのあるポーズのポイントはカメラマン自身の声かけのトーンです。
「集まれー」
「離れてー」
「急いでー」
「ぶつかるー」
など楽しいトーンで笑いながら声をかけ続け、
カメラマン自身がまず楽しみます。
そしてパパ、ママを楽しい気分にさせるのです。

親が楽しんでいることが分かれば、
こどもはたちまち笑顔になります。

4.こどもに選ばせる

撮影に少し慣れてきたらこどもに撮影場所を選んでもらいます。

「どっちの方向に行きたい? **ちゃんが決めてくれる?」
話ができるくらいのこどもなら、
カメラマンのあとを付いていくばかりだと、
やらされている感を感じて退屈してくる子もいます。

そんな時はこども自身も参加している、
こどもが主役なんだということを伝えるために、
なるべくこどもに主導権を渡します。

私はこどもの写真を撮影し始めたころ、
思うような写真が撮れなくて何年も悩んでいました。
先輩から「君の写真は何を撮影しようとしているかわからない」と言われ、
泣くこともしばしばありました。

でも自分が楽しめばいいんだと気づいてからは、
こどもの写真を撮るのが楽しくて仕方ありません。

楽しめるようになるまでには、
どんな場所でも露出、画角、ストロボ、人物のバランスなど、
様々な撮影要素を瞬時に決定する力を養うことが必要でした。

コツコツと一つずつ努力して自分のものにしていくことで、
心から撮影を楽しめるようになったのだと思います。


にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村 
写真ランキング